読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

エンヤサン - ドアノブ

music music-autograph

エンヤサンとの出会い

オフィスで流しっぱなしのFMから流れてた「新宿駅出れない」がエンヤサンとの出会いでした。曲目紹介のとき「あぁ、確かになれないと出られないよなぁ」と思うと同時にそのユニークなタイトルとユーモアたっぷりの歌詞。妙に頭に残るボーカルが気になって、CDを買おうをその場で検索し彼らの属しているレーベルに注文をしたのでした。

まだインディーズだったのかというのも驚きましたが、届いたCDを聴いて「mono」や「あるく」の素晴らしさにがつんとやられてしまいました。

あわてて(べつに慌てる必要もないのですが…)、発売されている全てのCDを注文。おまけのCD-Rには狂喜乱舞しました。お兄さんの「しらくべくリゾート」のラップアルバムは驚きました。予備知識がなかったので、全編ラップでアルバムを作っていることは予想外でした。

そのほかにいろいろと調べると驚きのフリーアルバムというもの存在を知ります。



フリーアルバム

「まさかサイドカーで来るなんて」がそのアルバムでした。どうしても聴きたくて必死にダウンロード先を調べて、紆余曲折のすえ聴くことが出来ました。こちらにも「あるく」等、名曲が含まれていましたが、一番共感したのはユーモアあふれる歌詞でした。なんど聴いてもくすっとしてしまうその歌詞は選びに選びぬかれた言葉です。今となっては聴くことが難しいアルバムですが、探す価値ありです。

ファーストフルアルバム

ささくれフェスティバルで発表されたファーストアルバム発売のお知らせ。まだフルアルバムが発売されていなかったのか、という印象です。ライブの一曲目で披露された「君が骨折して」の衝撃と言ったら。

手元に届いたCDを聴いてみると、本当に様々なスタイルの曲が含まれています。でも取り散らかった印象は全くありません。根底にある「エンヤサン」の魅力がしっかりと各曲に含まれているからだと思います。

魅力とは、ユーモアあふれる歌詞だったり、縦横無尽に駆け回るギターだったり、頭の中にストレートに入ってくる歌声だったり、とてつもなくポップな曲だったり、いろいろあります。それら全てが「エンヤサン」というユニット名の元、見事にまとまっています。名刺代わりの一発です。記載されていませんがプロデューサーの腕が光っています(おそらくセルフプロデュースだと思います)。

なんでしょう、ほんとうにもっともっといろいろな人に聞いて欲しいアルバムです。間違いなく満足するし、間違いなく次作はもっともっと凄いアルバムが待ってます。こんなにワクワクするアーティストは滅多にいません。おすすめです!



リンク

エンヤサンが有名になるまで (ブログ)

エンヤサン(Enya-Sang) (Facebook page)

エンヤサン オフィシャルサイト

ドアノブ レーベル通販