読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

ここ最近買った漫画・小説・音楽 - 7

豊田悠 - ホテル・ラヴィアンローズ


あんなに面白かった「野ばらの花嫁」から、次の単行本が出ないと思っていたら、白泉社から別の出版社に移ったようです。憤慨モノです。いろいろと事情があるのでしょうけれど、主力雑誌にメインに載せるにはベテラン過ぎる人を、他の雑誌に移して、若手に連載をさせるとか方法があると思うのですが…。

本題、本題。

約2年ぶりの単行本では絵柄がかなり洗練されています。お話も1巻でまとめるにはちょうど良く、小さな名作だと思います。その割には登場人物が多かったかも知れません。長期連載を見越しても、新キャラを入れないと難しそうですし。

とにもかくにも、豊田悠さんの新作が読めることが嬉しかったのでした。



裕時悠示(著), るろお(イラスト) - 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5巻

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H」コミックスのノベライズと言って良いでしょう。コミックスの出来が良くなかったせいなのか、そもそもこういった順番での売りを想定していたか不明ですが、「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H」は全く不要となってしまいました。

しかしどうみてもメインは書き下ろしの短編です。必読です。



タアモ - アシさん 1巻

たいようのいえ」は読んでいましたが、それ以外のタアモさんの作品を読むのは初めてです。かなりの単行本を出されていることも知りました。不勉強でした。

Google+のコミュニティでオススメされていたがきっかけで、購入しましたが、まぁおもしろいのなんの。漫画家のアシスタントの話なのですが、時流にのったお話作りで笑わせてもらいました。



ばらスィー - 苺ましまろ 7巻

4年ぶりの単行本です。すこしギャグと絵柄が変化しましたか。4年経てば当然でしょうが、すこし方向性が不明なのが懸念点です…。あくまで「かわいいは正義」が大前提ですよね…。



Leaf(著), 月吉ヒロキ(イラスト)  - 痕 3巻

は、初音ルートはまだですか!



阿久井真 (イラスト), 戸塚たくす (原著) - ゼクレアトル - 神マンガ戦記- 2巻

当然のように2巻を購入。漫画を作ると言うことと、この漫画の単行本を発行することにもリンクしていて、面白いです。

WEBコミックなので、そちらでもどうぞ。全話読めるはずです。

ゼクレアトル