読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

Adrian Younge presents Twelve Reasons to Die starring Ghostface Killah

music

f:id:you0328:20170115220822j:plain

HipHop

これは僕が買った初めてのヒップホップのCDとなります。ヒップホップが聴きたかった、というよりはAdrian Youngeプロデュースの音楽を聴きたかったのでした。2016年3月、CottonClubでみたAdrian Youngeのライブですっかり彼の音楽に魅了され、ことある度に過去のカタログを買うようにしていました。いつもはブリティッシュロックを中心に聴いているので、好きにならなかったらどうしよう、と不安がありました。バックの音楽はAdrian Youngeがほとんど彼だけで演奏しているというのは知っていたから、ボーカルにどのように自分が反応するかという不安です。

どれを聴いても同じに聞こえるヒップホップという先入観がこのアルバムを聴いて吹き飛ばされました。ダークでダウナーな、かつアナログな質感たっぷりの音楽にのるボーカル。それはまさしくソウルミュージックでした。こういうヒップホップだったらいくらでも聴いてみたいです。

instrumentals

僕のCDはDeluxe EdtionなのでinstrumentalsのみのCDが付いてきます。こちらはボーカルがない分、とくに映画音楽のように感じます。このCDだけでも十分に販売できるレベルに達していますが、やはりここはボーカルがあるものと、ボーカルがないものを二つ、気分によって聞き分けるという贅沢な楽しみかたをするべきだと思います。

Adrian Younge

本当に大ファンになってしまいました。しばらく彼の動向は追いかけていくつもりです。



12 REASONS TO DIE (DELUXE)
12 REASONS TO DIE (DELUXE)
posted with amazlet at 17.01.15
GHOSTFACE KILLAH
SOUL TEMPLE (2013-05-02)
売り上げランキング: 283,389