読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

柳原望 - 高杉さん家のおべんとう 7巻

内容紹介(Amazonから)
小坂さんとの別離を経て、へこむ温巳。高校生活を彼女なりに楽しみ、そして自立へと意識を向けていく久留里。いつまでも変わらないと思っていたふたりの関係も少しずつ変わろうとしている。そしてそんな中、温巳にチャンスが訪れる。その機会を運んできた意外な人物とは…!?

-----

さてさて。とても評判が悪いようですね…。驚きました。いつもこのBlogではネタバレ無しで書いてきましたが、今回はすこしネタバレ有りです。

ハルと小坂さんの恋愛事情ですが、そもそも2人とも仕事仲間から発展していると思っていました。お互いを尊敬しあう思いの上に、恋愛が乗っかってきているわけです。なので恋愛という部分が消えても、仕事仲間として、研究仲間としていたいと言う気持ちが消えないのは、素晴らしいことでは無いでしょうか。振られて傷ついたのは、ハルだけでは無く小坂さんもそうなのですから。

感情で仕事仲間を失うより、最初の土台だった研究仲間としての尊敬を尊重する。そのことを告げた小坂さんも凄いけれど、そこでやっと事なかれ主義だったハルが意思表示しなければいけないことに気が付く。

全くストーリーとして破綻していないし、登場人物の成長をきちんと描ききっていると思います。

これだけ異論反論が出るということは、それだけ愛されている作品なのです。もしかしたら柳原望さんはこの作品に抱かれているイメージを払拭して、自分の手に取り戻したかったのかも知れません。

とにもかくにも、次はくるりと光の決着ですかね。