読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

Humble Pie - 1983-09-16

music-circulated music music-humble pie music


Artist  : Humble Pie
Date    : 1983-09-16
Venue   : HaymakersClub,Wheeling,ILL
Lineage : AUD
Quality : EX
Setlist  :

1. Whatcha Gonna Do About It
2. Fool For A Pretty Face
3. Hallelujah I Love Her So
4. Walking The Dog
5. They Call it love But it smelled like Pussy (this is a long blues song)
6. The Fixer
7. Drum Solo
8. Thirty Days In The Hole
9. I Dont Need No Doctor


1981年に再結成Humble Pie(Mk3)が解散後、Jim Levardon、Goldy McJohn、Fallon Williamsというメンバーで様々なバンド名で活動を始めましたが、最終的にHumble Pieと名乗ることとなります(Mk4)。しかしGoldy McJohnが薬物問題で外され(Mk5)、トリオで活動を続けることとなりました。そのメンバーでレコーディングを始めることとなり、アトランタへ行くことになりましたが、Jim Levardonは入国できず、レコーディングの話は立ち消えとなります。

そのままアトランタに住み続けたSteveは地元のミュージシャンのTommy Johnson、Keith Christopherと活動を始めます(Mk6)。しかしこのメンバーでの活動を短くTommy Johnsonの代わりにPhil Dixが加入します(Mk7)。

この音源のインフォメーションにはTommyとPhilがギターとして参加しているとありますが、バンドメンバー紹介時にはPhilの名前のみ紹介されています。

その後、Philはバンドを外され、Georgia Satellitesのギタリスト、Rick Richardsと一緒にリハーサルを行っております(Mk8)。このメンバーでも長く活動をすることができず、RickとKeithが外され、デモレコーディングのためDave Hewittを加えています(Mk9)。

すでにバンドの体を為しておらず、Steveは家庭問題を理由にイギリスに帰国してしまう。それがSteveが参加していたHumble Pieの最後でした。

SteveのHumble Pieを続けるために、ギタリストを探し続けました。そのことに疲れたのでしょうか、イギリスに帰国後はトリオでの活動となります。

この音源はPhilが参加していたMk7時のライブをとなります。1982年のライブは相当荒れていたようですが、1983年となるとメンバーもある程度固定し、演奏も悪くありません。ライブの曲が同じであれば、1981年のMk3と同じくらいのテンションでSteveは演奏をしています。

違いといえば、"Whatcha Gonna Do About It"というSmall Facesの曲が演奏されているくらいで、レベルの高い演奏をしています。確かにDaveやBobbyに比べると、演奏の質は落ちてしまいますが、決して懐メロバンドではなく、現役感がある音を出しています。これに何曲かレコーディングしていた新曲が演奏されるともっと良かったのかもしれません。
全体的にSteveの口が悪くなっています…。小さなライブハウスだったのか4文字を連発しています。そんな上機嫌に釣られてか、観客の反応も良いです。"I Dont Need No Doctor"でのコール&レスポンスも反応がいいです。アンコールを求める声も非常に大きいです。

音質もあまりステレオ感はありませんが、観客のチャットも無く、非常に聞きやすいモノとなっています。

この音源は2010年にSteve Marriott名義の"Lend us a quid"のボーナスディスクとして公式発表されています。非常に音圧があがり、聞きやすいマスタリングがなされていますので、CDで聞くことをオススメいたします。

あ、公式発売されたモノは、購入しましょうね。基本です。



----- Latest Information ----

Humble Pie September 16th 1983 @ Haymakers Club in Wheeling Illinois USA


PCM Archives Continue.


Steve had a broken leg at this gig. He still kicked ass. I had the microphones
just 5 or 6 feet from the left house speakers. This will crank full blast on your
best stereo system. Just archived today. 22 years at since this has been played.


For those that never seen these units, here are a few url's:


http://home.comcast.net/%7Eanalog414/pf1.gif

http://home.comcast.net/%7Eanalog414/psl2000.gif


PCM-F1 Master RB


SEAT: Main floor about 6 feet in front of left speakers
Tape: Maxell HGX Gold L-750 (do I need to mention) Beta II
DECK: Sony units: PCM-F1 Digital Audio Processor/SL-2000 Video beta
MICS: AKG 460-B w/ ck1 capsules


Playback on SAME UNITS BUT NOT identical units (tracking adjusted).
I tested at least 12 beta units before I found a good sounding one.


Analog out on PCM>
Using Chord Company cables to and from Naim preamp
Played through the Naim Audio NAC-52 pre-amp>
to the Marantz CDR-600 (Philips CDR-101) Standalone CDR Burner.
Mastered to Gold Satin Taiyo Yuden 74-ZY CDR's (never anything else)
PC drive.....Plextor UltraPlex40max CDR-ROM SCSI (W/adaptec 2930 PCI)
EAC (1.8X ripping speed or SLOWER on all my uploads)>FLAC>YOU GUYS, Enjoy RB




All my uploads are exactly as the master...RAW! This includes all
if any...gaps, cut songs, pops and bad tracking. But if I were you,
don't let this discourage you to download.




DO NOT CHANGE THESE CD'S IN....ANYWAY....EXCEPT FOR...YOUR... USE!





setlist:

Whatcha Gonna Do About It
Fool For A Pretty Face
Hallelujah I Love Her So
Walking The Dog
They Call it love But it smelled like Pussy (this is a long blues song)
The Fixer
Drum Solo
Thirty Days In The Hole
I Dont Need No Doctor




Steve Marriott: Guitar & Vocals
Phil Dix: Guitar
Keith Christopher: Bass
Fallon Williams: Drums
Jimmy T: Guitar



Checksum:

854f1db16774b357223a09671189bd5a Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track01.flac
c204252cb418944a3dd4533fa2ec770e
Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track02.flac
c49260f72a4bcebdd666b2702c86ed56 Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track03.flac
f2805827f0d469abf4045def6fd7b8b2
Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track04.flac
45a08894df81951adb764d1fe2eec398 Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track05.flac
559655d06df658d5a603d584e16fc045
Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track06.flac
f3710a9911f1ce1db819d890863d4da7 Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track07.flac
de14ee69fb45c97585a91b4fcf8de446
Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track08.flac
2140db4b5b9b00330a8d2b625e41e440 *Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track09.flac