読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

The Pretty Things - 1984-03-13 (Live At The Heartbreak Hotel)

f:id:you0328:20170104231219j:plain

Artist  : The Pretty Things
Date    : 1984-03-13
Venue   : Unknown
Lineage : SBD
Quality : EX+
Setlist  :

1. Big Boss Man
2. Midnight Six
3. King Bee
4. Honey I Need
5. Shakin' All Over
6. Rosalyn
7. Roadrunner
8. Hey Mama Kepp Your Big Mouth Shut
9. Raining In My Heart
10. Round 'n' Round (Reelin' 'n' Rockin')
11. Don't Bring Me Down
12. Mona

1981年に何度目かの解散をしたPretty Thingsでしたが、1984年にライブを行っております。Discosによれば1984年にLPとして発売されております。

この時期は資料を見つけることができず、どのような経緯でPretty Things名義でライブを行ったか不明なのです。Phil Carsonなる人物によりメンバーが集められたようです。このPhil CarsonはLed Zeppelin人脈の方のようで、SWAN SONG絡みでの再結成だったのかも知れません。

再結成とは言ってもメインはPhilとDickの二人だけで、残りはセッションプレーヤーのようです。

このように文章にしてしまうと、その場限りのライブで内容が期待できないように思えてしまいますが、実際に聞いてみると良い方向で、その思いは裏切られます。

まず演奏がタイトでしっかりと纏められていることです。選曲がPretty Thing の初期ナンバーとR&Bナンバーのみという単純な曲調が功を奏したのでしょうか。そして"Cross Talk"まで続いていたアメリカンハードロックな雰囲気ではなく、Pub Rockのような渋い演奏が曲調にあっています。

Philのシャウトも決まっているのですが、熱量を抑えているような、リラックスしたものとなっています。

途中Saxが入るところなど、Pertty Thingsとしては違和感を感じる箇所がありますが、それはそれ。これはこれ。このようなPretty Thingsもなかなか聞き応えがあります。

推測なのですが、 The Inmatesの登場も関連しているような気もします。その後The Inmatesのメンバーと録音することからも、無縁では無いのではないでしょうか。

Blog記事の流れから、オフィシャルで先に発売された音源は、オリジナルアルバムとして紹介する予定でしたが、Pretty Thingsの ミッシングリンクとして重要なこの時期のライブを外すことが出来ないと考え、紹介させていただきました。