読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

The Pretty Things - 1969-03-29

music-circulated music music music-The Pretty Things

Artist  : The Pretty Things
Date    : 1969-03-29
Venue   : Paradiso, Amsterdam
Lineage : SBD
Quality : EX+
Songs  :

1. Instro (fade in)
2. Talking about the good times, part 1
3. Talking about the good times, part 2
4. Alexander
5. Renaissance Fair
6. SF sorrow is born
7. She says good morning
8. Mr. Evasion (cuts off)


1968年12月に"S.F. Sorrow"が発売された後のライブとなります。Dick Taylorの脱退が1969年6月ですので、その直前のライブとも言えます。Twinkも続いて脱退しますので"S.F. Sorrow"作成メンバーでのライブという貴重な瞬間です。

まずはいきなりのインストの曲に驚かされます。DickとJohnのソロバトルに緊張感があります。そして"Talking about the good times"の長尺曲への変化も驚きです。オリジナルは4分弱だった曲が11分強まで延ばされて演奏されています。ここでも中心はDickとJohnです。きれいに左右にセパレートされたキーボードとギターの演奏が素晴らしいです。

サイケロックだった"Alexander"はヘビーなアレンジに、そして1968年のライブに引き続きByrdsのカバーを演奏しています。カントリーロック化する以前のByrdsのカバーをこの時期に行うのは不思議な感じがします。

そして満を持して"S.F. Sorrow"からの2曲を続けて演奏。ほぼオリジナル通りの演奏ですが、"SF sorrow is born"はかなり速いテンポで演奏されています。対比するように"She says good morning"のヘビーさが目立っています。

"Mr. Evasion"は1分20秒程度でフェードアウトしてしまいます。

Pretty Thingsは本当に情報が少なく、ツアーリストもセットリストも見つけたことがありません。そのためこの録音がライブのどの程度を録音したモノなのか、全く不明です。この録音を聴く限り、数ヶ月後にDick TaylorとTwinkが脱退してしまうことが想像出来ないほど、まとまりかつ勢いのある演奏です。

メンバー2人が脱退後も、資金集めとは言え"Philippe Debarge"を作成しています。その直後に名作"Parachute"の作成。それほどこの時期のPretty Thingsのパワーは凄いモノだったのです。

音質はパーフェクトと言って良いほど、きれいなステレオで録音されています。このままオフィシャルで発売しても問題ないほどの音質です。と思っていたら2012年8月に限定レコードとして"Renaissance Fair"のみ発売されています。カップリングは2010年12月1日に100 clubで行われたライブとなっております。

S.F. Sorrow Live In London

----- Latest Information ----

Paradiso, Amsterdam 1969 (cover, inside)
The Pretty Things
Paradiso, Amsterdam (NL) March 29, 1969

1. Instro (fade in)
2. Talking about the good times, part 1
3. Talking about the good times, part 2
4. Alexander
5. Renaissance Fair
6. SF sorrow is born
7. She says good morning
8. Mr. Evasion (cuts off)

Time: 34:21

Source: Soundboard -> Reel-To-Reel Master -> CDR (#2) ->
EAC -> Flac (level 8) -> Dime

Sound quality: A++

Line up:

Phil May: Lead Vocals
Dick Taylor: Lead guitar, Vocals
Wally Allen: Bass, Vocals
John Povey: Keyboards, Vocals
John 'Twink' Alder : Drums

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

Prof. Stoned sez:

This has been available much longer on various boots in inferior quality.
But the difference in soundquality of the old source and this new one could
not be bigger. From D- to A++.
The old source was taken from a 37 year old broadcast, which was
probably recorded with a mic in front of a transistor radio.
This one is a digital copy of the original pre-fm VPRO mastertape.
An amazing discovery that will fill many hearts with joy, I'm sure.

But it's not just the recording quality that makes this so outstanding.
The pretties were rawking like the devil was on their heels~~!
This recording makes the Stones live album "Get yer ya-ya's out"
sound like a tea party (sorry stonesfans!).
What an awesome rockband this was.
And what a shame they got so little recognition.

I maintained the titles that the original seed provided.
I'm not sure whether Tr. 1 is correctly titled.
The "Hyde and Psych" boot named this track "Why?",
but then that boot also incorrectly listed Tr.8 as "I see you".

Anyway, dig this!

And many many thanks to the man who -with a lot of patience-
managed to unearth this great piece of history.

------------------------------------------------------------------------------------------------

flac fingerprints:

Pretty Things - Paradiso, Amsterdam (NL) March 29, 1969 - Tr.01.flac:8d0f7124e2c5