読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

The Easybeats - easy




Facesと同様に最近よく聞いているのがオーストラリアのバンド、The Easybeatsです。なかなかリマスターされているであろう再発盤を見つけることが出来ず、Amazon.UKから買おうかと思っていた矢先に購入することが出来たファーストアルバムです。

Easybeatsのアルバムはアメリカで発売された"Friday On My Mind"を持っており、そのブリティッシュビートッぷりにやられていました。そうなるとファーストから聴きたくなるのは当然。きっと、というか絶対にジャケ買いはしないであろうジャケットのファーストを購入したわけです。

1965年に発表されたこのファーストですが、当時のイギリスの影響を受けた音楽で、ブリティッシュビート好きにはたまらない内容となっております。R&Bに影響されたと有りますが、それっぽい曲は少なく、ビートバンドとしてはつらつな演奏とコーラスを聴かせてくれます。カントリーフレーバーな曲もあり、ここらへんはビートルズに影響されていたんでしょうか。

こんなふうに書くと、数多いた一介のバンドのように思えてしまいますが、他のバンドと違ったのは、全てオリジナル曲で勝負していたということ。そしてその曲、またアルバム単位でも良かったこと。これは素晴らしい事です。

このファーストもバンドの勢いを見事にパッケージングしています。パッケージ、という意味ではビートルズのファースト同様、勢いが感じられます。

ブリティッシュビート好きな人は是非聴いて欲しいアルバムです。