読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

Procol Harum - 2006-10-28 In Italy

Artist : Procol Harum
Date : 2006-10-28
Location: SanBernardino Auditorium
Venue : Chiari (BS) IT
label : none
Source : Aud
Quality : EX
Setlist:

Disc 1: (42'55")
01. Intro
02. Conquistador
03. Grand Hotel
04. Shine On Brightly
05. An Old English Dream
06. Long Gone Geek
07. Homburg
08. Perpetual Motion
09. Simple Sister

Disc 2: (53'09")
01. A Salty Dog ()
02. Bringing Home the Bacon
03. Fat Cats
04. Something Following Me
05. Something Magic
06. Juicy John Pink
07. Barnyard Story
08. The Vip Room
09. A Whiter Shade Of Pale

performed by:

Gary Brooker: Piano, vocal
Josh Phillips: Hammond, Synth
Geoff Whitehorn: Guitar
Geoff Dunn: Drums
Matt Pegg: Bass
(
) Zucchero "Sugar" Fornaciari: Vocal guest

Procol Harumです。アルバムはファーストとサードくらいしか持っていませんが、二枚とも好きなアルバムです。それでもライブ音源を入手したり海賊盤を買ったりするまでではありません。

ではこの音源を入手した理由は大好きなイタリアのロックシンガー"Zucchero"(ズッケロ)が飛び入りで一曲歌っているからです。

Zuccheroなんて日本での知名度なんて無いに等しいのでしょうが、一時期は日本盤が出ていたくらい、世界?いやヨーロッパでは有名なのではないでしょうか。15年くらいまえに大ヒットアルバム"Oro Incenso e Birra"を聴いたのをきっかけに、気がついたらほとんどのアルバムを所有しているくらい好きになっていました。

壮大なアメリカンロック?てな感じです。ここ数作はサザンオールスターズのようなマンネリ感(雰囲気も似ているかも)でしたが、最新作"Fly"では引き締まった素晴らしいロックに回帰しています。

その中で"A Salty Dog"をカバーしている関係での飛び入りだと思います。楽しみにその曲を聴いたら、なんと1分強のみの参加。がっかり(>_<)