読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

吉野大作 - ランプ製造工場 (パーフェクト・エディション)

61acw1nX10L._SS500_.jpg


あけましておめでとうございます。新年最初のエントリーは吉野大作のリイシューCDです。

再発に関して以前のエントリーで紹介いたしました。ちょっと興奮気味なエントリーでしたが、いざ購入して聴いた内容も素晴らしいものでした。オリジナルアルバムに収録された曲のリマスターの効果は聞き比べたわけではないので、いまいちわかりませんでしたが、迫力は増した気がします。

アルバムの内容はいろいろなところでアシッド・フォークとか書かれていますが、そうかなぁ。The Band的なアメリカのルーツロック的に感じるのですが…。そんな音にはっぴいえんどよりももっともっと絵画的な詩を乗せている感じです。

それよりボーナスとして収録されたライブに耳を奪われています。吉野大作のライブは最近の弾き語りと1990年代後半のプロスティチュートしか聴いたことがないので、物凄く楽しみにしていたのでした。

御本人にリイシューCDにライブが収録される、と聴いたと同時に、凄く音が悪いよ、とも聞かされていましたので、ある程度の音質の悪さは想像していました。が、Disc2の音源なんて十分に鑑賞に堪えられるものです。喜々として聴いております。Disc1のボーナストラックは少し落ちるかな。これも御本人から聞いたことがあるのですが、-何時の時代だか忘れてしまいましたが-、映像も幾つか残っているとのことです。ライブ音源もきっとしっかりと録音して管理していると思われるので、機会があれば世の中に公開されることでしょう。

収録された曲は、最近のライブでも取り上げる曲が幾つかあったり、「朝のバスのブルース」のオリジナルアレンジ?や聞き所もあり、好きな曲のバンドバージョンのライブが聴けたりとしばらくヘビーローテーションとなりそうです。

ブックレットの充実ぶりも特記すべきものです。音羽信氏の文章も素晴らしいし、バンドツリーも興味深いものです。残念だったのは事前のインフォメーションでは湯浅学との対談が載るとありましたが、ちょっと中途半端に感じるものだったことです。ページ数があればもっと良い内容だったのでしょうが…。

いつかしっかりとした吉野大作のことをまとめたページを作りたいと思っているのですが、なにせ当時のことを全く知らないので、単なるアルバム紹介のページになりそうなのでなかなか手をつけることが出来ません。それでもいいのかなぁ。

それはともかく個人的に吉野大作に影響された点は多々あります。グッピーのある駅まで2駅のところに住むようになったのも、横浜という街にこだわりを感じるようになったのも、少なからずその影響下だったりします。

ディスクユニオンによる紹介ページ

その1
その2