読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

Eric Clapton - God's Favorite

Artist : Eric Clapton
Date : 2004-04-17
Location: Copenhagen, Denmark
Venue : Parken
label : Tarantura TCDEC-17-1,2
Source : Audience
Quality : EX
Setlist:
Disc 1:
1. Opening
2. Let It Rain
3. Hoochie Coochie Man
4. Walk Out in the Rain
5. Bell Bottom Blues
6. I Shot the Sheriff
7. Milkcow's Calf Blues
8. When You Got a Good Friend
9. They're Red Hot
10. Kind Hearted Woman Blues
11. Got to Get Better in a Little While

Disc 2:
1. Have You Ever Loved a Woman
2. Badge
3. Wonderful Tonight
4. Layla
5. Cocaine
6. Sunshine of Your Love
7. Got My Mojo Working


The Band:
Eric Clapton guitar, vocals
Nathan East bass, vocals
Chris Stainton keyboards
Steve Gadd drums
Doyle Bramhall II guitar, vocals
Billy Preston keyboards, vocals
Sharon White backing vocals
Michelle John backing vocals
** with Robert Randolph pedal steel guitar




ここ最近はEric Claptonのライブ盤をよく聴いています。オフィシャルのは音が良すぎて、演奏に迫力を感じることが出来ず、ついつい海賊盤を聴いてしまうのですね。迫力を感じたいからといって、やはり音質は良いに越した事は無いので、サウンドボード音源やFM音源を聴いてしまうのですが、2004年のオーディエンス録音で素晴らしいのが出てきました。
こういう音源を聴いてしまうとオフィシャルライブ盤はいったい何を伝えたいのか、首をかしげてしまいます。きっと会場ではこの音源のように聞こえているのでしょう。
全編にわたって、Steve GaddやBilly Preston、Doyle Bramhall IIの素晴らしい演奏を聴くことが出来ます。すみません。Nathan Eastはどうも好みではありません…。
それ以上にClaptonのギター弾きまくりのライブ。音の歪みもザラっとした質感で物凄く好みな演奏を繰り広げています。この流れで2006-2007年ツアーへ繋がっていったのでしょう。どうしても2001、2002年の頃のライブは落ち着いていたというか、何というか、大人のロックというか。そんな雰囲気がなじめなかったのです。耳をつんざく音がロックですよね(^-^;