読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらくちゅえいしょん

いつまで経っても古いロックと少女マンガ漬け

comics-白泉社

椎名橙 - それでも世界は美しい 3巻

内容紹介(Amazonから) 雨の公国からニケの歌の師匠でもある婆が危篤との知らせが! 彼の神秘の国を訪ねたニケとリビを待ち受けるのは…? 2012年12月刊。 ----- バルド編の完結。そして雨の公国編の開始となります。 前者はリビとバルドとの気持ちのすれ違…

池ジュン子 - BEAR BEAR 1巻

内容紹介(Amazonから) 渕中春佳、高校1年生。 彼女が今夢中なもの…それは、ローカルデパートの屋上にいるクマの着ぐるみ☆ 男の人が大の苦手で、可愛い物が大好きな春佳は、 “彼"にどんどん惹かれて…!? 他読切「砂漠の鎮魂歌」「See you again.」も収録した …

田中メカ - 2007-07-15 「キスよりも早く1巻」サイン会 

思えばサインの収集?はこの日から始まりました。毎月購入していたLaLaに田中メカさんのサイン会が池袋にて行われる告知を発見。デビュー時からのファンだった私は喜び勇んでサイン会の予約を行いました。 「キスよりも早く」ではなければ行かなかったかもし…

柳原望 - 高杉さん家のおべんとう 1、2巻

(コミック)高杉さん家のおべんとう(1)/柳原望/メディアファクトリー 2010年1月23日発売 価格:620円(税込、送料別) (コミック)高杉さん家のおべんとう(1)/柳原望/メディアファクトリー 2010年6月23日発売 価格:620円(税込、送料別) 柳原望 …

羅川真里茂 - 朝がまた来るから

待望の新作。待ってました。「しゃにむにGO」では長編作家としての才能を存分に発揮していましたが、個人的には短編~中編のほうが好きな作家さんです。赤僕も短編の連作と言った感じだったし。 掲載誌が別冊花とゆめだったということもあり、ちょっと対象…

椎名橙 - 不思議のマリア君 1巻

久々のジャケ買い。初コミックと言うのも購入の大きな動機でした。最近、影崎由那の「かりん」を読み返した後だったので、吸血鬼モノも読んでみようかな、と言った感じ。 結果は大当たり。 前髪パッツンの十久子がなんとも可愛い。マリアへの恋心とはちょっ…

林みかせ - 君とひみつの花園 3巻

最終巻。 素晴らしい。 オーソドックスとも言える女装モノで、女子校で、寮生活。そして秘密共有。 どうやってまとめるかな、と思っていましたが、予想以上でした。 最高。 やっぱり少女漫画は切ない想いとともに、人として成長していくお話が良いと思います…

草川為 - 十二秘色のパレット 5巻

4巻のラストはとても気になる終わり方だったので、5巻は楽しみでした。結局テロとグエルの意地の張り合いになってしまい、あまり話は進んでいません(>_<) が、お互いへの気持ちには気がついたようなので、次巻もまた楽しみであります。 草川為の作品として…

麻生みこと - そこをなんとか 1巻

すっかりメロディに移籍した麻生みことの最新刊は弁護士モノでした。「GO!ヒロミGO!」では東大生モノだったので、エリート世界?ということで、なんだかノリは一緒です。「天然素材でいこう。」とは違ったノリです。 たしかYoungAnimal嵐で後藤羽矢子が裁判…

日高万里 - V・B・ローズ 第11巻

ミツと紫との出会いの話が中心で、その流れでミツと露との関係も進展が進むきっかけが産まれています。 主人公の恋バナがほぼ完結しているように見えるので、脇役に話が進むのは仕方がありませんが、今のところ物語上番外編でも差し支えがない話に思えます。…

福山リョウコ - 悩殺ジャンキー 第12巻

遊佐がメインとなって物語が進んでいきます。物語自体がちょっと停滞気味だったので新キャラの登場は必要だったのかも知れません。各々の目標というモノがしっかりと定まってきている感じです。 いつもこのコミックには勇気づけられます。読むと「みんな精一…

林みかせ - 君とひみつの花園 1・2巻

「水玉ファブリック」が面白かったので、1・2巻同時購入。 白泉社の試し読みページを読むだけでわかる、このベタベタなシチュエーションの設定。「女子寮。」「同室の子に秘密がある。」これだけでもわくわくしてしまうのは、少女マンガの読み手として誇り…

羅川真里茂 - しゃにむにGO 26巻

あっというまに26巻。「花とゆめ」で連載ですね。「花とゆめ」は購読していないので、連載ペースがわからず、たまに買いのがしちゃいます…。 この巻は留宇衣のテニス再開と、ひなこの車いすテニスのお話。 いつも思うのは話のメリハリがうまく着いているので…

松月滉 - 幸福喫茶3丁目 7巻

いつも続きを楽しみにしているマンガの一つ。文化祭のエピソードの続きからで、潤(うる)と関係している人物が集まってきて、重要なエピソードになりそうな予感でしたが、どうなったか。 土田と山根の関係は結構あっさりと修復し、安倍川 草と潤が部屋に閉…

日高万里 - V・B・ローズ 9巻

カナさん、最高。 いつも思うのだけれども、花とゆめに連載されている中で、この絵柄は違和感があるよなぁ。でも望月花梨も花とゆめだったっけ。ときたまこういう冒険をする白泉社が大好きです。 有坂さんとくっついてしまったあげは。これで一段落するわけ…

橘裕 - ガッチャガチャ 7巻

短編が素晴らしい。 時々思い出したようにLaLa本誌に連載がありますが、本誌よりはLaLaDX。DXよりはメロディ。メロディよりはヤングアニマルと、どんどん少女マンガのメインストリームから外れて、青年誌が一番似合っていると思います。 これはメロディに連…